未使用車が安くなるのは決算月翌月が狙い目

軽自動車を購入する際に狙い目となるのが決算期と考える人も多いでしょう。
決算期には、ディーラーも目標販売台数クリアのために、セールスに力を入れます。
決算前の1か月は販売に力を入れることから、オプションサービスや値引きが多くなる傾向があります。
とくに軽自動車の場合、ナビやオーディオが元々設定されていないことが多く、サービスとなるとうれしく、値引額も増えるとそれに越したことはありません。
ディーラーは販売台数が多いと店舗に入るバックマージンが多くなりますので、決算を利用して売り込みにも力を入れるはずです。
軽自動車が高性能化し、また、燃費が向上したことにより、軽自動車に乗り替えるという人が多く、増車する際も軽に替える家庭が多くなりました。
しかしながら、期末に売り上げ目標に到達しなければ、メーカーから受け取るコミッションが少なくなるため、軽自動車を店舗で登録し、売り上げ目標をクリアし、それを未使用者として新古車販売することが多いようです。
そのため、決算翌月には未使用の新古車がもっとも多くなります。
一度登録が済んでいることで、中古車となり、価格が下がりますが、大抵の場合ナビやオーディオなどがなしとなりますので、その後に設定して新車より高くなることがありますので、注意しましょう。

Filed under: 未分類 — ねこ 3:49 PM