新古車との違いを教えて!

業者が販売している車には新古車(別名未使用車)というのが存在します。では新車との違いはどこなのでしょう。
新車を購入すると車のナンバーを登録しないといけません。当然登録料というものがかかります。
それに比べ未使用車とはナンバー登録だけをすでに済ませている車のことで、まったく走っていないもしくはディーラー店に移動するときの走行量くらいしか使用していない未走行、もしくは未走行に近いの車のことを言います。未使用車は基本的に中古車と同じ扱いになりますが通常の中古車と違いまったく使用していないため見た目も綺麗です。
なぜ未使用車が出てくるのかそれは、お客さんがキャンセルをしたりディーラーの方の発注ミス、ショールームなどに出していた展示車、また新車を購入したのだが、さまざまな理由で手放した車などがあります。
未使用車は新車に比べ断然安く購入することが出来ます。基本的に中古車扱いなので、当然値引きされている、自動車の所得税も
3割引になっており、重量税もかからないので初期費用を非常に安く押さえることが出来ます。
上記のように未使用車は、新車に比べてとても安く購入することができ、経済的で合理性を持った車なのです。

Filed under: 未分類 — ねこ 3:45 PM